ミニマリストブロガーのヨガ先生

ヨガ講師のミニマリストがブログにチャレンジ中です。

実家のモノが多すぎる考察

実家ってモノが多くないでしょうか?

 

私の実家もご多聞に漏れず、めちゃくちゃモノに溢れています。いわばマキシマリストってやつですが、特に母がそうです。最初にいっときますが、私は母が大好きです。ただ、ミニマリストの視点から見るとツッコミどころが満載なのです。

モノのない時代を経験しているからか、「捨てる」ということに対してすごく抵抗があるみたいです。

 

ボロボロになっている服を捨てれず、どうにもならないくらいまで着倒してから、切って雑巾にして使ってからでないと捨てません。

もうすでに死ぬほどたくさん持っているのに、欠けた茶碗を捨てれずに使っていたりします。

モノを大事にするという観点では素晴らしいし、本来それくらいしてモノを大事に使うべきかなーとも思うのですが・・・

 

この記事は単なる自分の悩みですが、これを読むと物を増やすのを躊躇する気持ちになれることは間違いありません!笑

 

 

 

問題その1 食器が100人分くらいある

 

母は食器が好きで、実家には立派な大きい食器棚が二つあり、そこにびっちり食器が詰まっています。食堂ができるんじゃないか?ってくらい。

 

f:id:mariko88888:20220401150837p:plain

 

実家で暮らしているのは私以外の家族4人ですが、普段使う食器はその10分の1以下の量です。

前述しましたが、その中にはひびの入った茶碗なども混ざっていることもあり、さすがにそれは私が発見したら黙って捨てています。

高価な時代物の器でもない、母が大昔学生のころに陶芸体験で作ったりしたような、しょうもない(ごめん)食器でもとってあります。預金したときのおまけでもらったマグカップなんかもとってあります。

こないだふと、ラーメンやそばなどの汁もの類に使うどんぶりの数数えてみたら、12ありました。何人家族やねん。

 

 

とまあ、思うところはいっぱいあるのですが、母がこつこつ楽しみながら集めてきた労力を想うと、ほほえましいし、尊重してあげようとも思うわけです。

しかしたまに「そんなのあったっけ」なんて言ったりもしてるので、軽く「いらないもの処分してみたら~?」とは提案してみてます。

でも、笑って「そのうちね」といって濁されて終わり。

しかし、もしも母が他界したとき、その大量の食器はもう誰も使わない。いったい誰が処分するのか???と考えると鳥肌が立ちます・・

 

 

問題その2 着ていない服が大量すぎる

 

母は、おしゃれが好きで服も大好きです。それはとてもいいと思うのですが、問題はやはり、誰かがいらないっていったらもらってきちゃうところ。

着物も趣味で大量に持っています。

 

f:id:mariko88888:20220331130803p:plain

 

私も独立してからいらない服があったら、欲しいというのでとりあえず母にあげてましたが

こないだ実家に帰省したときに私が30年ほど前にあげたものをリメイクして作業用として使っていたのには衝撃でした。

もう二度と、いらない服が出ても母にはあげないようにしようと心に決めました。

実家のモノが増えるだけです。

そして、母にはもっと自分の好きな新しい服を着てほしいっていう気持ちもあります。

 

私が派手過ぎてもう履けない、となった昔のスカートが、クッションカバーになっていたこともあります。そのクッションに座るのは微妙な気持ちでした。

 

母の部屋のにはクローゼットの中身はもうこれ以上入らないくらいの物量で服が詰め込まれており、入らないものに関しては収納ボックスを買って詰め込んでいます。

身体いくつあるんだよ。と突っ込みたくなるくらいです。

これまた、持ち主がいなくなったらどれくらいのごみ袋必要だろうか、と鳥肌です。

ミニマリストになると、すぐこういうこと考えてしまう。

 

問題その3 不気味な人形がたくさんある

 

f:id:mariko88888:20220401150645p:plain

 

私がひそかに困っている母の収集癖で「人形が好き」というのがあります。

ぬいぐるみはもちろん、ガラスケースに入った和服の日本人形なんかもいっぱいあります。そうです。あの、ほっとくと髪の毛が伸びるやつです。

 

余談ですが

思い返すと私が小さいころからたくさんぬいぐるみやら人形があって、その中にはオルゴールの上に人形が座っているっていうのがありました。

子供の頃はよく、母の部屋に侵入して化粧品なんかで遊んでいたんですが、ひとりでいるときにそのオルゴール人形がいじってもいないのに「ポロロン・・・」って勝手に鳴ったりして、何度も怖い目にあった記憶があり、トラウマです。

 

顔や手足がある人型のものには魂が入る、と言われています。

 

もともとたくさん人形があった我が実家ですが、何年か前に母が突然、さらに大量の人形を持ち帰ったことがありました!

親戚の一人暮らしのおばあちゃんが亡くなって、家を整理するのを手伝ったときに、いらないって言われていた高価そうな人形をもらってきてしまいました。

なんで昔の人ってあんな立派な人形を欲しがるのか、私にはわからないけど

母はとても嬉しそうに、大きなフランス人形や立派な日本人形を自室に飾っていまして

部屋に置ききれなくなり、私が泊まる部屋にまで浸食してきているので、また非常に怖い思いをしています。

気のせいだとは思いますが、大きなフランス人形からは視線を感じます・・・

 

服や食器は気軽に手放せるけど、人形となるとそうもいかない。適当に捨てると厄災が降りかかりそうで怖いです。お寺に奉納するか、魂抜いてもらってから処分するしかない。

 

ほんと、ぬいぐるみとかもなるべく持たないほうがいいと思いますよ。個人的に。

大切にするならいいけど、適当に扱うとやばいです。

 

しかし、実家には私は住んでいるわけでもなく、たまに遊びにいくだけなので自分の意見を主張するのは控えています。たとえ家族とは言え、人それぞれ考えもあるし趣味もあるから、それは尊重してあげたいんですけどね。

 

問題その4 倉庫がカオス

実家は田舎なので、無駄に土地が広く、車も人数分所有しています。なので、広い車庫があり、その上が倉庫になっております。そして、その倉庫の中身は放置されている。ちょっとした倉状態です。

もう、私にとっては異国の地みたくなっていて、まずそこに入ることはありませんし、考えないようにしています。

いつか誰かが片付けなくてはならないんだろうけども・・・

 

まあ、私じゃないことを祈るって感じです笑

 

父や弟は別にモノを増やしもしないけど、片付けもしないってスタンスで

母が一手に引き受けています。母のすごいところは、これだけ大量のモノを持っていながらもちゃんと整理整頓し、きれいに保っているところです。

これだけのスキルは私にはない。

 

手に入れた瞬間からモノはゴミへと変化していっている

 

 

こないだ自分の部屋をお引越ししたときに、大型ごみを処分してもらおうと業者に見積とってみたのですが、

ゴミを運んでもらうってだけで5万ふっかけられました。頼むのはやめ、運び出すのは友人に手伝ってもらい、札幌市の大型ごみ収集サービスを使って出したり、引き取ってもらったりしました。1万円はかかっていないと思います。

 

YouTubeでゴミ屋敷の片づけの動画を見たことがありますが、ゴミの量などによっても変わるとは思いますが、約40~80万くらいかかっています。

モノを捨てるだけでも多大な労力とお金がかかる。これが私がモノを持ちたくないと思う最大の理由のひとつでもあります。特に、自分で運べないような大きなものは極力持ちたくありません。

 

実家を整理するのは残された家族なので、今から少しずつモノ減らしてほしいな~とは思っていますが、なかなか難しいでしょうね。。

私もミニマリストになるの、けっこう大変な思いしましたし。片付けるのも家族の役目かなって諦めていますw

 

せめて自分の家くらいはモノを少なく、他人に迷惑をかけないようにしたいなって思っていますw

 

本人にとっては大切だったり必要だったりしても、それは他人にとってはゴミでしかない。そして、いくらモノを貯めこんでも死ぬときには全て置いていかなくてはならない。持っていけるのは経験のみです。

だったら、モノの整理に費やす時間や労力やお金を、もっと自分の経験を増やして楽しく過ごすために使った方がいいなって個人的には思うのです。