ミニマリストブロガーのヨガ先生

ヨガ講師のミニマリストがブログにチャレンジ中です。

ミニマリストが考えるプレゼントの基準

自分がモノを極力持たないようにしようとしているので、誰かにプレゼントしたいっていうときには非常に考えるようになりました。

 

f:id:mariko88888:20220401145315p:plain

 

プレゼントはするのもされるのも大好き。

大切な人への感謝の気持ちや好きの気持ちを伝えたくて、喜んでほしくてよくやってました。

以前はそこまで深く考えず、自分も喜ぶものを、相手もきっと「これなら喜んでくれるかな」って目線でプレゼントを選んでいました。

 

しかし。

今はそう簡単にはプレゼントできなくなった自分がいます。

なぜなら、自分がモノを贈られて「困ったな」って思うことがあったりしたからです。嬉しいんだけど自分の好みや生活スタイルに合わないものは、捨てにくいし使いにくい。

以前の私はモノはあったほうがいいだろう、という考え方だったし、単純にもらえると嬉しかった。なので、相手も嬉しいだろうと疑わなかった。

 

プレゼントって、モノそのものよりも気持ちが嬉しい。私のためにわざわざ足を運んで選んでくれた。それってすごいことじゃないでしょうか!

なので、たとえちょっと好みと違ったりしても私は受け取るし、喜びます。そして、手放しません。もちろん、壊れたり寿命がきたりしたら手放しますけどね。

ただし、そのお相手と縁が切れたときは速攻捨てますw

元彼からもらったものとかは絶対に残しません。

 

 

 

 

今、自分が誰かにプレゼントをするとしたら?

 

 

まず女性には花です!これはきっと外さないと信じているw

花をもらって嬉しくない女性はいないはず。

 

f:id:mariko88888:20220401145521p:plain

 

そして、花はいつか枯れるので、場所をとりません。ミニマリストでも大丈夫!

ただし、一度花をあげたとき「たくさんもらいすぎて飾る場所がなくて困った」ってぽろりと漏らされたこともあります。そういう、人気者の場合はちょっとまた話が違ってくるかもしれません。

 

選びがちなのが、食べ物です。

これは一見、よさげに見えるかもしれない。でも、そのお相手の食生活を良く知ったうえでないと、かえって迷惑になる可能性はあります。

 

女性は甘いものが好き、という思い込みでケーキなどのお菓子を買っていったとして、相手がもし糖質制限をしていたら?

小麦アレルギーだったら?

なので、よくまだ深く知らないお相手に食べ物を買うのは危険かもしれません。

 

飲み物もしかり、口に入れるものは結構吟味している人はしているので、注意が必要かと思います。

 

ただし、どんな人でもたいてい大丈夫なものがひとつあります。

「塩」です。

塩は、腎臓疾患などの基礎疾患を持っている人以外であれば、食事に必ず使うものです。なので、手に入りにくい高級なお塩などはプレゼントにいいんじゃないかと思います。生成された食塩は高血圧などの生活習慣病を起こしやすいと言われていますが、自然製法で作られた高級塩はミネラルを含み、塩味に少し旨味があったりして、とてもおいしいものもあります。

料理をあまりすることがなかったり、体質や好みに合わなくて食べることができなくても、そういった高級なお塩はお風呂に入れると身体も温まり、浄化作用があります。

 

失敗したプレゼント

 

入浴剤、洗顔料、クリームなんかも消耗品なのでプレゼントしがちですが

贈る相手が使っているものをリサーチしてから贈るのが無難かな、と思います。

香りには好き嫌いがあるし、直接肌につけるものなので、合う合わないもあるからです。

一度、私はその人がアトピーだってことを知らずに、ハンドクリームを贈ってしまったことがありますが、喜んで受け取ってはくれたものの、使ってくれたかは微妙です。失敗したなと思っています。

 

せっかくお金と手間をかけて相手を喜ばそうとしているのに、失敗するとすごく悲しいですよね。

なので、モノを贈るときは相手のことを本当に考えて贈るようにしたいです。

高価すぎるモノも、相手に無言の圧力をかけるので、贈らないほうが無難。

相手にも自分のお財布事情にも負担のない程度の金額がいいと思います。もらったことを忘れるような程度ものがいいんじゃないでしょうか。

 

結婚した友達に、嬉々として夫婦茶碗を買おうとしていた過去の自分に「ちょっと待て!」と言いたい。

その茶碗、ほんとうに喜ばれると思うかどうか??いったん立ち止まって考えないと。

もしもその夫婦が、食器は白で統一したいと思っているのに私がカラフルな色の茶碗をあげちゃったら??インテリアの邪魔にしかならない。

 

ミニマリストになって、持つものにこだわりが出てきたと同時に、他人のことも同じように気を使うようになりました。これは、非常によかったと思っています。

 

なにか贈り物をするときは

 

女性には花、もしくはオシャレ高級塩でいこうと思っています。

もしくは、その人の情報をリサーチして喜んでくれそうなもの。

 

男性は花はちょっとアレだし、個人の嗜好傾向が強いと思うので、プレゼントするときはちゃんと好みをリサーチしてから。ですね。

お酒、コーヒー、好きな食べ物なんかが喜ばれるように思います。

 

間違っても自分の好みの押し付けはやめたいと思いますw

そして、飾り物は絶対NGですねww

木彫りの熊とかもらっても絶対嫌だ。(今時そんなもの贈る人はいないとは思いますが)

 

これって、人付き合いに深く直結する考え方だと思います。

人付き合いうまくできない場合って、相手のことを理解しないで自分の考えばかり押し通すときじゃないでしょうか?もしくは相手の顔色ばかり窺ってしまって、自分の意思が出せなくて疲れて自爆。

相手のことを正しく気遣ってあげることができたら、絶対嬉しいって思ってくれます。

ただ、相手のことばかり考えてもバランス悪いから、自分ができる範囲でとか、自分のことも大事にできたら最高ですよね。

 

モノには念がこもる

 

たとえば、昔の恋人からもらったものをいつまでも「もったいないから」と使っている人がいたりしますが

あれは非常によくない。安いものはすぐ捨てましょう。

高価なものであれば、メルカリなどで売った方がいいです。

金やプラチナなどは高価買取もしてもらえます。

ブランド品は買って日が浅いものなどはかなりいい値段で売れます。

 

昔の恋や疎遠になった友人との思い出の写真なんてものは論外。

速攻お焚き上げしてほしいですね・・・

写真は、場所も取る上にあんまり見直すこともないものなので、どうしても思い出が捨てられないときはデータ化してメモリに保存するといいとは思いますが、、、個人的には捨てた方がいいと思います。

だって、私たちは過去に向かって生きているわけではないので。

 

どうしてそういう過去の遺物がよくないかっていうと、モノにこもった念が相手の生霊を引き寄せるらしいからです。執着などを持った生霊は、飛ばす方も飛ばされる方もよくないことを引き起こすらしい。怖いです。

だから相手にあげるときも、なるべく残らないモノがいいと思います。

 

過去は過去でOK。でも大事なのは今です。未練と執着を手放すことで、隙間ができて、新しく自分にふさわしいご縁が入ってくると思います。

 

送った方も送られた方も嬉しいプレゼント

 

本来プレゼントは相手に感謝だったり愛情だったりを示すもの。

でも高価すぎると、相手は重荷になってしまいます。

 

それよりも喜んでもらえるように相手のことを考えている、という姿勢を示す方がいいと個人的には思います。

そして、自分にも負担にならない、見返りを求めずにすむ程度のお値段にしたいと思っています。

 

プレゼントをうまく使って、よりよいコミュニケーションをとっていきたいですよね!!

この記事が参考になれば幸いです。