ミニマリストブロガーのヨガ先生

ヨガ講師のミニマリストがブログにチャレンジ中です。

優しい灯りに癒されるソネングラス

f:id:mariko88888:20220313074202j:plain

 

これは我が家のソネングラス。

ソネングラスのことは、あるミニマリストさんのYouTube動画で知りました。

 

この記事ではソネングラスがどういうものなのかご紹介しています。

きっとあなたも欲しくなる・・・笑

 

 

 

ソネングラスって?

 

ソネングラスとは、グラス型の間接照明です。

 

 

 

蓋の部分がソーラーパネルになっており、天気のよいときに窓辺に置いておくと勝手に充電されています。

満タンに充電すると連続で24時間点灯します。

太陽光がないときは、マイクロUSBで充電できます。

アウトドアにもいいし、電池が必要ないし、万一の時の防災グッズとしても使えるので非常にお得。半永久的に使えるし。

インテリアとしても素敵だし、本当に買ってよかった商品です!知れてラッキーでした。

 

強すぎない柔らかい光で、とても癒されます。

私は中に、ドライフラワーを入れているので、灯りをつけたときの影が幻想的でとても気に入っています。

水を入れると幻想的な灯りになりますし、アクセサリーなどの光るものもよさそうです。

 

耐水、防塵なので外でも使用でき、お風呂の照明としても使用できます。

 

ソネングラスはなぜできたのか

 

ソネングラスの公式ホームページにもありますが、この商品の開発のきっかけは、電力のないアフリカの地域で暮らす人々の存在だったそうです。

 

ランプやろうそくで灯りをともしていたその地域では、火事や健康被害が多発していたそうです。その人々の暮らしを改善したい、というのが発端だったそうです。

 

また、失業率40%という南アフリカ共和国の雇用問題の改善にも一役買っています。全てソネングラスは南アフリカ共和国のヨハネスブルグでハンドメイド生産され、原料の70%を現地の素材を使用しているそうです。リサイクルにも取り組まれています。

これを買うことでアフリカの人々の生活の助けになるのかなと思います。ひとりひとりは少ないかもですけども、みんなで買えば。

 

こんなに地球や人に優しい灯りがあるなんて、初めて知りました。感動的。

 

地球にも優しく、生産側にも消費者側にもいい商品だと思うので紹介させていただきました。

 

今、1000mlのサイズのを持っていますが、小さい方も欲しいと思ってます。2つあればうちの中では十分。

 

物を買う時の基準のひとつとして

 

資本主義社会では、消費行動を促してナンボの世界ですが、自社の利益だけ追及するようなやり方は、今後は発展しないと思います。インターネットもこれだけ普及し、個人個人の発言が重みを増しています。

 

今までの商品の作り方は、地球環境への配慮、使う人への配慮、生産に携わる人たちへの配慮などがほんとうに足りなかったものが多かったけど

最近は、誠実に取り組んでいる企業も少しずつ増えてますよね。

私はそういうところの商品だったら多少は値段が張っても購入したいと思っています。

 

商品の宣伝の方法も、不安を煽るようなものとか、他者との比較でコンプレックスを刺激するようなものは嫌いです。

これからは、広告を鵜呑みにして思考停止状態で操られるのは絶対に嫌で、ちゃんと考えて自分の生活に必要なもの、好きなものだけ揃えていきます。

 

ぜひ、照明を買う時のご参考にしてください。