ミニマリストブロガーのヨガ先生

ヨガ講師のミニマリストがブログにチャレンジ中です。

年齢なんて関係ない!成果の上がる神習慣【実証済】

年齢なんて関係ない!成果の上がる神習慣【実証済】

 

 

 

「これから何をやったらいいかわからない」「なんか楽しいことないかな~」

なんて思ったことありませんか?

 

f:id:mariko88888:20220331124022p:plain

 

これらを解決する、効果てきめんで誰でも取り組める方法があります!

それが「学習し続ける」ということ。

 

えっ?それだけ?と思われるかもしれませんが、これだけです!!

簡単なようで難しい。

この記事を読むことで、「学習すること」を習慣に取り入れて成果を上げられるようになるはずです!

 

 

 

 

 

学習を習慣化すると、人生が変わります。

 

理由:その1

知識が増えることで選択肢が増える。世界が広がる。

 

「勉強するといっても、何をすればいいのかな?」と思うあなた。

まずいきなり自分の普段の生活からかけ離れたことに手を出そうとしても「???」ばっかりですぐ嫌になっちゃいます。

まずは、「これはなんだろう」と興味のわいたことから手をつけましょう。

 

例えば、海外旅行でハワイに行きたいとします。

ハワイに行くとなれば、英語を話せると便利。では、英語を勉強してみよう。という流れですね。

もしくは、ハワイの気候や環境を調べる。おいしいお店を調べる。歴史を調べる。

 

興味を持てるもののことを勉強するとモチベーションがあがります。そして、覚えやすくもなる!

 

私はヨガに興味があったので、ヨガのことを勉強してみました。

ヨガのポーズの名前は、サンスクリット語で言われることもありますが

意外にすぐ覚えましたよ!興味があるからだと思います。

例えば「下を向いた犬のポーズ」というのがあります。これはサンスクリット語では「アドムカシュワアーサナ」。まさに舌をかみそうな犬のポーズの名前ですわ。

でも、興味があるせいかすぐ頭に入りました!笑

 

理由:その2

知識が増えることでよりよい行動を選択できる

 

たとえば、健康に対する知識が全くないとします。

お腹がすいたらコンビニ弁当を食べ、運動もせずお菓子を毎日食べ、深夜までゲーム三昧。お酒やたばこも好き放題飲んでいるとしましょう。これ、10年続けたらどうなると思いますか?

 

おそらく、10キロは太るでしょうし、何かしらの病気予備軍になっていくと思います。見た目も悪くなるでしょうし、肌はぼろぼろ、白髪、シミシワ、加齢臭、謎の身体の痛み、不眠、ストレスに見舞われる可能性が高い。

体調が悪いから仕事も効率上がらず、身体が痛いのでなんとなくいつも不機嫌だとしたら?あまり楽しそうではありません。

 

この人が健康に関して勉強し、今までのような生活習慣が良くないことを知ったとしたら、健康的な生活を取り戻すための行動を選択することができます。

 

コンビニ弁当はやめて自炊を意識し、定期的な運動をし、早寝早起き、お酒は控え、たばこもやめてみたらどんな変化が起こるでしょうか。

1年くらいがんばれば見た目も細くなり、若々しくなり、痛みからも解放され、よく眠れるので仕事の効率も上がり、感じの良い態度を取れるようになるかもしれません。魅力的なので、周りに人が集まりますね。

 

文字にしてみると大きな違いであることがわかりますね。

 

理由:その3

自信がついてきて行動力が上がる

 

勉強を続けて知識が増えていくと、行動力もついてきます。

何か新しいことをやろうとしても、何も知らないときは不安で仕方ありませんが、知識があるだけで「こんなときはこうすれば大丈夫」と思えます。

 

たとえば、学生から社会人になるとき、新しい場所で働くことに対して不安を感じない人はいないと思いますが、例えば先輩に知り合いがいたとしたら、会社のことや仕事のことを事前に教えてもらえたりして、心強く感じます。

もしくは、事前にその会社のことを徹底的にリサーチして、どんな仕事をさせられるのかをある程度知っておくのもいいですね。

「よし、大丈夫だ」と思えれば、堂々と仕事に臨めますし、成果も出やすくなるはずです。それが自信につながり、更なる行動の原動力になります。

 

人が不安を感じるとき、先に何が待っているかわからないから怖いんです。

怖いが先に立つと、逃げたくなったり、安易な方にいきたくなります。しかも、そんな姿勢で物事に当たると、かなりの確率で嫌なめにあいますよね。

 

勉強するメリットは「知識があることに対する自信」であり、自信があると勇気が出ます。そして行動につながります。

 

 

学習し続けることが自分を変えてくれた

 

私も以前は普通の会社員でしたし、どちらかというと冒険することが苦手なタイプなのに、今はスタジオ経営に着手しています。

あのままやりたいことを我慢し続けていたら、いつか爆発していたでしょう。

この変化の原動力は、勉強したこと、それしかありません。

 

会社員で働いていた時、毎日が真っ暗なトンネルの中に居るような気分でしたが、ヨガの勉強を始めたころから、真っ暗なトンネルに光が見え、そこに向かって進むと広く明るい世界がありました。

今も、勉強し続けています。ヨガだけではなく、医療、健康、解剖学、経済、マインド、SEOなどなど。どんどん世界が広がっています。

 

わからない=不安→行動に移せない→人生変わらないどころか、少しずつ後退する。そしてさらに自信を失う。自分をだめだと思い込む。逃げ場がなくなる。

 

これでは負のスパイラルです。

 

ある友人のお話ですが

ずっと「やりたいことがわからない」「何をやったらいいかわからない」と言っている友人がいました。

何とかしてあげられないのかと思いつつ、色々「ああしてみたら?」「こうしてみたら?」などと提案してみても、いまひとつ相手には響かなかったようでした。

 

単に「行動しろ」といっても、その人にとってはハードルが高かったのかもしれないな、と今では思います。

行動の前に、勉強して自信をつけるというステップが必要だったんだと思いました。

 

自分の場合は、現在の居場所や人間関係、持っているものがなくなることに対して漠然と怯えていました。が、学習して別の考え方や生き方を知ることができたら、変化に対して恐れがなくなりました。

 

人生を変えるには自らが行動を起こすしかないです。行動といっても大それたことではなく、まずは「身近なことを勉強する」ということからでいいと思います。知っているつもりになっているだけで、実は知らないことって意外にたくさんあるものです。

 

勉強を習慣化させるテクニック

 

勉強をしよう、と一言で言っても、勉強の習慣がない人や、勉強にいいイメージがない人にとっては簡単なことではないですよね。

では、どうやって勉強しようという気持ちにもっていけばいいのか、テクニックを解説していきます。

 

1「自分は勉強に向いていない」というマインドブロックを外す。

 

意外と簡単です。

勉強に向いていなかったのは「好きでもないことを無理やり頭に入れようとした」からであって、好きなことや興味のあること、身近なことからやればいいのです。

やってみるとびっくりするほどスラスラ頭に入ってくるし、そして、勉強が楽しくなるはず。

 

「自分は覚えが悪い」というのもきっと思い込みです。興味がないから覚えられないだけ。

脳の良しあしは、一般人であれば他人とはそれほど差はありません。

 

2 20秒ルール

 

たとえば、勉強をするのに自宅から数キロ離れた学習塾にいかなくてはならないとします。それだけでめんどうですよね。やる気が失せます。

なので、勉強するという行動に到達するまでにかかる時間を、20秒というような短時間に設定するのです。

 

たとえば、勉強の本を常にカバンに入れておく。スキマ時間ですぐ見られる。

スマホを活用する。

 

たとえば、YouTubeで勉強する。スマホさえあればすぐにできます。

YouTubeで勉強するときも、目的のサイトをあらかじめ絞って登録しておけばすぐ検索できます。通勤時間でも、イヤホンで聞くことができます。

 

個人的にはYouTubeすごくお勧めで、自分もそれでやっています。

探せばどんなことでも見つかるし、ユーザーが見やすいように20分程度でうまく構成されてるし、何回でも繰り返して見られる。無料である。最高です。

有益性のないテレビ番組をだらだら見る時間のうちの30分を、有益な勉強動画視聴にしてみてください。私はそれで、テレビ見る意味わかんなくなって捨てました。(ただし、有益性のない動画でも面白いのたくさんあるので、それにひっかかりすぎないようにw)

 

3. 習慣化させる~イフゼンプランニング

 

If-thenプランニングとは、事前に「いつ」「何を」やるかを,はっきりと決めておくテクニックのことです。

「もしAをしたら、そのときBもする」といったこと。

 

たとえば、「家に帰ってきてごはんを食べるときにテレビをつける」というような行動様式。これ、完全に習慣化している人多くないでしょうか?

人間の脳は、このような「AをしたらBもする」という指示に反応しやすくなっているそうなのです。そして、脳は無駄な思考エネルギーを省略したがるので、パターン化に成功するとだんだんと無意識に行動できるようになってきます。

 

なので、この仕組みを勉強にも生かしてみるのです。

「電車に乗ったらスマホでYouTubeの勉強サイトを聴く」「朝起きて身支度をしながら勉強に対するラジオを聴く」

だんだんと無意識のうちにこれが習慣になっていくはずです。習慣化されたらもう苦手意識なんてわいてこなくなります。

 

ぜひぜひ、勉強を習慣にしてみましょう!

楽しくなること間違いなしです!!