ミニマリストブロガーのヨガ先生

ヨガ講師のミニマリストがブログにチャレンジ中です。

ミニマリストになると節約できる4つの理由

ミニマリストになると節約できる4つの理由

 

「使えるお金が足りない」「お金が貯められないので将来が不安」などというお金の不安って常につきまとっていませんか?中にはお金がいくらあっても不安っていう方もいるみたいですね。

 

f:id:mariko88888:20220331124022p:plain

 

お金の不安があるということは「収入と支出の割合があっているか?」に漠然と自信がないのではないかと思います。

自分の生活で最低限必要なコストがどれくらいなのか知らないケースが多い。自分が「これは必要だ」と思っている概念そのものが、ズレているかもしれなくて、必要でないものを所有することに固執してしまっている可能性もあります。

それら今持っているものをいったん手放すことで、最適なコスト、物量が見えてきます。

 

では、ミニマリストが節約になるという理由を述べていきます!

この記事を読めば、お金に関する不安は軽減されるでしょう。

 

 

 

 

ミニマリストが最適な節約につながるという理由

 

理由その1:モノの絶対数が減るので、「数を維持する」コストが必要なくなる。

 

日用品の洗剤を例に挙げてみます。

洗剤にもいろいろな種類があります。

 

お風呂用洗剤、トイレクリーナー、床用洗剤、台所のシンク用洗剤、ガスコンロ用洗剤・・・ざっとあげただけでこんなに掃除の場所があり、それぞれに洗剤を別途用意したりしていませんか?

実は、私も以前はそうでした。なので、洗面台の下はこれらの洗剤がびっちり詰まっていました。これらがなくなると買い足さなくてはならないので、計算してみると結構なコストがかかっていましたし、液体なので持ち運びも重かった。

 

しかし!今はこれらの場所をたったひとつの洗剤で掃除しています。

知ってましたか?ウタマロクリーナー。

 

水拭きできる場所ならどこでも使えます。めちゃくちゃ有能。

現在、我が家の洗剤はこれ1本です。収納場所もとらなくなったし、コストがめちゃめちゃ削減できています。

 

ミニマリスト的思考で「どうやったら数を減らせるか」という視点で考える癖をつけていくと、こういったお得な情報が目に留まりやすくなっていきます。

 

これらの日用品以外にも、物の絶対数が減ると、数を維持するためのコストも自動的に減ることになります。

 

理由その2:固定費の節約になる

 

生活費の中でも、大きなものは住居費ですね。

これも、ミニマリストとなって物を減らしたら削減できる可能性が高いです。

 

私の場合、物が多かったときには1LDKの物件に住んでいました。それくらいでないと、もっているモノが入りきらなかったからです。

家具が減ると、狭い部屋でも十分住めます。なので、スタジオに間借り生活が可能になりました。

スタジオは地下鉄駅から徒歩1分で新築の物件で、とても環境がいいですが、それでも2部屋借りるよりはずっとコストが削減できており、生活の質は格段に向上しました。

 

モノが多いということは、そのモノの家賃を払っている、ということです。

大切なモノ、必要なモノなら仕方ないですが、たいして必要でないものを置いておくだけに高額な家賃を支払い続けるのは非常にもったいない。

 

理由その3:時間の有効活用ができる

 

モノが多い状態を保つということは、それだけその維持に時間を取られます。

買い物に行く時間、モノを探す時間、選別や検討の時間と労力、そして、掃除や型付けに時間がかかります。

 

それらの無駄に費やされていた時間がなくなり、自己投資や副業などに時間を使える可能性が出てきます。

 

1日は24時間、これは全ての人に共通です。

この時間をできるだけ有意義に活用していきたいですよね。無駄な行動に消費するのはもったいない。

 

理由その4:合理的思考が手に入る

 

「モノを増やしたくない」という観点でいると、次第にモノに対して合理性を求めたくなってきます。

たとえば前述の、ウタマロクリーナーのようにひとつのモノが2つも3つも役割を果たしてくれるようなものが欲しくなりますし、そういった便利なものを見つけやすくなっていきます。

 

人間は、自分の見たいもの、関心のあるものを本能的にキャッチしやすくなります。

 

たとえば洋服を選ぶにしても、持つ数の上限を決めたらそれなりに厳選しなくてはなりません。

デザイン性、機能性、コストパフォーマンス、どこにでも着ていける利便性などを兼ね備えた服装で揃えたくなり、数が少ない中でコーディネートができるようなものを選ぼうとするので、色数も統一され、自然とファッションセンスも磨かれていくと思います。もしくは、センスがなくてもそれなりにオシャレに見えるようになります。

そして、いつもお気に入りの服を着られるので気分もあがります。

 

私がテレビを手放したのも、そういう考え方からです。テレビは、地上波、BSなど番組を見ることができますが、それだけ。

そういった番組は、見たければネット上で見られる。PCがあれば十分でした。しかもPCはYouTubeも観られるし、情報は探せるし、サブスクも観られるし、事務作業もできるし、音楽も聴けるし、本も読める。1つあれば何役もやってくれる。これで充分、と思いました。

もし今後、スマホをプロジェクターにつなぐことができて、キーボードを別でつけられたりしたら、PCすら不要になってスマホだけで充分になってくるかもしれません。

 

モノを手放そうとするときの障害

 

いざミニマリストになろうとすると、「こんな少しのモノで生活できるんだろうか」「殺風景な部屋で満足できるだろうか」などと心配になると思うんです。

でも、大丈夫です。

おそらく、ミニマリストでない方の持ち物のうち、9割は必要ないものです。なくても生活には困らないでしょう。

でも、ないときの生活が想像できないから捨てられない。

すごく理解できます。

 

私がやった方法ですが、「これは捨てられそうにないけど・・・」と思ったものはいったん保留として、捨てずにとっておきますが、いったんそれらなしだったどうなるだろう?という実験をしてみました。

例えば、クローゼットの中の洋服のこれとこれだけで生活したらどうなるか?などですね。全然生活できちゃいます。そういった段階を経て手放すようにすると、後悔もないし生活に支障は起きないです。

 

炊飯器を手放したときも、生きてきて炊飯器なしっていう生活したことなかったので、一応手放す前にお鍋でごはん炊けるか実験してみました。結果、炊飯器よりも時短で美味しく炊けるということがわかったので、安心して手放しました。

電子レンジを手放したときも、捨てる前にいったんは使わない生活を試してみましたよ。

 

また、いきなりたくさんのモノを手放そうとするとめちゃくちゃ大変です。

片付けに慣れていないときは、モノを手放すときに悩んだりして、いちいち思考を削られます。

なので、週末などの時間があるときに、簡単にできそうな場所から手をつけていくことをお勧めします。

 

私は、まず「収納を減らす」という目標をたてました。例えば本棚をなくしたい、と思ったら、本の選別を少しずつやっていって、ある程度になったらブックオフの宅配サービスに頼んで持って行ってもらいました。

少なくなってきたら、本棚を捨てて別の場所に本をしまい、今度はそこを整理していく、といった感じで進めていきました。

 

収納があると、心理的に空きスペースを埋めたくなってしまいます。収納はできるだけ家に備え付けのものだけで過ごそうと決め、実践しています。

 

ミニマリストは自然に節約になる、というか、それまでが無駄に使い過ぎていたことに気付く

 

そもそも、モノを持ちすぎていましたよね。

素敵なインテリア雑誌を見てほしくなったり、テレビのCMを見て欲しくなったり、自分の価値観というものを持たずに、周囲の情報を鵜呑みにしていたなあ、と思います。

モノを持つことが豊かさである、という考え方が主流でしたしね。

 

例えばまた洋服の話ですが、以前は「同じ服ばかり着ていたら恥ずかしい」と思っていました。

なので、たくさん服をためこんでいたんです。季節ごとに新しい洋服や流行が出てきたら、それに乗って買わされていた。それはそれで楽しかったんですが、莫大なコストと労力がかかっていたので、もう絶対やりたくありません。服が無駄に多いと最適なコーディネートを見つけだすことが難しくなり、「服が多いはずなのに着るものがない」という謎の状態になります。

 

f:id:mariko88888:20220331130803p:plain

 

現在は、毎日同じ服が着たいとすら思っています。でもそれを実行するには、乾燥機付き洗濯機がないと難しい。夜着替えて洗濯して、朝に乾いていないと。

実際にそれをやっているミニマリストさんを知っています。私もいつかやってみたいです。服が1枚だけとなると、選ぶ手間がない。1枚だけともなると厳選します。毎日お気に入りを着て過ごせるようになる。

高価ではありますが、洗濯ものを干す時間やたたむ時間の省略になる。こういった時短になる便利グッズにはお金をかける価値があると思います。

 

生きていくのにこんなにモノが必要なかった、っていうことに気付いてしまいました。

これだけで、無駄なコストが減ると思います。そして、自分に最適で無駄のない、快適な生活ができるようになるのです。

 

生活コストが削減できた、となると、「これだけのお金で充分生活できる」という自信につながり、貯蓄が増えていくと気持ちが楽になっていきます。

気持ちが楽になると、毎日が楽しくなり、仕事にも集中できるようになり・・・きっと生活全体の質が上がっていくと思います!